借金とプラチナデータ

こんばんは!

昨日はプラチナデータ地上波見ました。


さすが東野圭吾作品というだけあって、
メッセージ性がとてもよかったです。


二宮くん演じる主人公の神楽、リョウ両人格とも、

「お互い自分から逃げていただけだ」

「プラチナデータは権力者の見たくないところを集めただけ」
=世の中の人の役にたつものではない

という部分が自分の借金返済生活ともリンクしました。


借金をしたのは自分ですし、
世の中の一次情報は一部の権力者のみ知っていて、
常に情報操作されている。


さっさと完済して、
自分の身の丈を痛感しながらステップアップしていきたいです!