借金返済 勘定科目

みなさんおはようございます!

確定申告真っ最中の時期ですね。
借金返済 勘定科目については、
私は直接税理士先生に相談しました。


借入金とは、金銭消費貸借契約などにより、
銀行などの金融機関、取引先、親会社や親族や知人などから、
借り入れた場合の金銭債務を管理するための勘定科目です。


証書借入などの長期的返済に関わるものは、
一般的に「長期借入金」

例えば一年以内に全額を返済する事が確定している場合は、
「短期借入金」勘定したりします。


個人事業の場合は、
長期借入金と短期借入金とに分けずに、
一括して借入金で処理してもいいことになっています。
(経理が簡単)



そして借金返済は元金返済と利息返済に分かれ、
利息返済部分を「支払利息」勘定で処理し、
この「支払利息」勘定は経費計上できます


元金返済部分は、
目的が経費と明確で借入をした年の申告であれば、
経費計上が可能みたいです。


確かに冷静に考えれば、

「借りたお金を返しているだけ」
で毎月の返済が経費になるのは、
原理原則としておかしいですもんね(汗


日々いろいろ学ばされます。